« かぶりつく | トップページ | NYの山羊 »

ゆらぐ身体

週に一度 渋谷の鴬谷で からだの教室をさせていただいています

日本一の鞄屋さん 藤井鞄 の2階の

古いミシンや 皮や糸がとても落ち着いた佇まいで居る部屋で

机を端によせていただき マットを敷いて 

おじゃましまーすと

ごろりんとねっころがるようにして始めます

来週はこの身体の教室のかわりに 場所を変えて

渋谷のビルの屋上で 綱渡り大会を予定しています

綱渡りは スラックラインといって クライミングやボルダリングなどをする人たちが

バランス感覚を養うのに楽しむスポーツです 

最近では きしめんのような平べったいロープが簡単に入手できて 

公園などで遊んでいる人もよくみかけます

ロルフィングのトレーニング中 

高度2000mの ドゥアンゴというところから来たクライマーの女の子が スラックラインやる?

と公園で

黙々とロープを結んで行く姿がとってもかっこ良かったのを覚えています

よくあんな ゆらゆらするヒモの上を歩いたりとんだりできるな

と思うのですが すこしコツを教えてもらうと なかなか夢中になる 面白いスポーツです

コツは とにかく 身体のゆらぎに身を任せながらバランスを取る事です

不安定な一本のロープの上にのっかったとたん バランスを取ろうとどこかでぐっと頑張ってしまいそうになりますが

頑張らない

しがみつかずに 揺らぎに身を任せて 揺れを身体へにがしてゆくと

ゆらゆら揺れてはいるのですが ロープの上でバランスが取れて 歩く事ができます

この感覚をロープの上でなく 普通に地面に立っているときにも応用してみると

なんだか身体が軽くなります

考えてみると 60兆億もの細胞でできていて その細胞1つ1つもうごいているので

身体は常に動います しかも70%が水分ですから 身体の中はゆらゆらと揺らいでいます

綱渡りは最近のお気に入りです

来週火曜日 夜7時頃から 食べたり 飲んだり しながら 綱渡りをしてみたい方は

是非 ご連絡ください

nao@naokusumi.com

|

« かぶりつく | トップページ | NYの山羊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040151/36764485

この記事へのトラックバック一覧です: ゆらぐ身体:

« かぶりつく | トップページ | NYの山羊 »